【書籍紹介】Marc-Uwe Kling - Die Känguru Chroniken

独誌 Spiegel のベストセラーとして割と有名な Marc-Uwe Kling の作品『Die Känguru Chroniken カンガルークロニクル』(2010)を面白そうなので読んでみました。


作者

Marc-Uwe Kling は、1982年シュトゥットガルト生まれの作詞家・政治寄席芸人(カバレティスト)・演芸家・作家。彼の作品では、「Qualityland クォリティランド」が邦訳済みです。

内容

しゃべるカンガルーと同居するという設定からしてナンセンス極まりないわけなんですが、このカンガルー、実は一体いつから生きてたのか分からないカンガルーとしてはあり得ない年齢に達成しているらしいです。自称共産主義者で、社会批判的なうがったことを喋り捲ります。また、同居人 Marc-Uwe に生活費一切を出させて、家事もやってもらって好き放題に暮らしてますが、携帯の着メロや怪しげな電話サービスでお金儲けしてたりします。共産主義者?

とまあ、こういう感じのシュールなカンガルーと同居する日常が日記のようにつづられています。ナンセンスなものが好きな人には非常におかしい作品かと思います。

ただし、スラング、言葉遊びやベルリン方言、英語ちゃんぽん、ネタ元がよく分からない内輪受け?のようなものなどもかなり多く、非常に翻訳しづらいものなので、邦訳が出ていないのも納得できる感じです。私自身、翻訳できるかどうかというのを考えながら読んだのですが、結論から言えば「無理」です。いろんな解説・訳注付きで翻訳することは可能でしょうが、そうすると日本語しか知らない読者には面白くないのではないかと思いますね。原作のユーモアをよく理解したうえで、日本語的ユーモアに移植する、つまり、翻訳というよりは原作に基づく創作が必要になって来る感じですね。


ドイツ語学習者の方にとっても、チャレンジングな作品です。現代のドイツの(若者)文化をよく知らないと、何の暗示なのか、なんに対する当てこすりや皮肉なのか、といった表面上にはいまいち表れていない意味を理解することができないでしょう。

そういう深い理解ができないとなると、この作品の半分近くが退屈になってしまいます。半分くらいは状況の不条理さ、ナンセンスさで笑えたり、少なくともニヤッとすることはできますけどね。10年前に発行されたものなので、その頃話題または問題になった事件や政治的状況などの知識も必要なので、「ドイツの今」を学ぶ上ではあまりお勧めはしません。もうちょっとタイムリーな作品の方がいいような気がしますね。



ドイツ語ランキング



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com