ドイツ語ニュース詳細解説:ザクセン・アンハルト州の住民請願のハードルが下がる

最終更新: 2月5日


今回はドイツ語ニュースの解説をお届けします。VolksstimmeというMagdeburger Verlags- und Druckhaus GmbHが発行する新聞の2020年1月20日の記事です。下の写真をクリックすると元記事に飛びます。


Parlamentsreform

Hürden für Volksbegehren sollen sinken

20.01.2020

【解説】

die Parlamentreform: 議会改革

Hürden: die Hürde ハードル、障害物

das Volksbegehren: 住民請願

sollen: 「~べき」と訳されることが多いですが、ここでは「第三者の意志(要求・希望・命令)」の1つで「~となる予定・企図である」を表しています。ニュースのタイトルなのでそのニュアンスは訳出する必要はないと思います。

【試訳】

議会改革 住民請願のハードルが低くなる



Etwa 170.000 Menschen müssen unterschreiben, damit der Gesetzentwurf eines Bündnisses, welches von Schülern, Eltern, der Linken sowie Gewerkschaftern getragen wird, in den Landtag kommt

【解説】

unterschreiben: 署名する。müssen unterschreiben で「署名する必要がある」。「~人の署名が必要である」とする方が日本語としては自然だと思います。

damit: 結果を表す副文を導く接続詞。「~するために」「~する目的で」。主文の方から訳出して、「その結果、~」のように切って訳すことも場合によっては可能です。

der Gesetzentwurf: 法案。

Bündnisses: das Bündnis 「連盟、同盟」の属格。

welches: 先行する中性名詞Bündnisを受ける関係代名詞。

der Linken: die Linke「左派政党」の与格。Linkeは形容詞変化(弱変化)します。

Gewerkschaftern: der Gewerkschafter「労働組合員」の複数形与格。

getragen wird: tragen ここでは「支持する」の受動態。意訳として「~から構成される」がいいと思います。

in den Landtag kommt: 言葉通りには「州議会入りする」ですが、主語が人ではなく法案なので、「州議会で取り上げられる」。

【試訳】

生徒や親、左派政党および労働組合員から構成される連盟の法案が州議会で取り上げられるためには、およそ17万人の署名が必要。(写真の説明なので体言止め)


Bürgerrechte sollen in Sachsen-Anhalt gestärkt werden. Das sieht eine geplante Parlamentsreform vor.

【解説】

Bürgerrechte: das Bürgerrecht 市民(住民)の権利。

sollen: 「~べき」と訳されることが多いですが、ここでは「第三者の意志(要求・希望・命令)」の1つで「~となる予定・企図である」を表しています。

gestärkt werden: stärken「強化する」の受動態、3人称複数現在。

sieht … vor: vorsehen「あらかじめ考慮する、予定する、計画に組み入れる」の3人称単数現在。主語はParlamentsreform。

【試訳】

ザクセン・アンハルト州では住民の権利の強化が予定されている。これを計画中の議会改革は組み込んでいる。

-----------------------------------

続きはPDFファイル(税込み2ユーロ)をダウンロードしてご覧ください。お支払いはPayPalで受け付けております。


ドイツ語ランキング



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com