top of page

ニュースのヘッドラインを読んでドイツ語読解力を鍛える

前回の『ドイツ語読解力の鍛え方』という記事で、ドイツ語教育においては「大雑把に読む global lesen」「選択的に読む selektiv lesen」「精読する detailliert lesen」の3種類を区別することをご紹介しました。

また大雑把に読む能力を鍛えるには、毎日ヘッドラインをチェックして、重要トピックやキーワードを学ぶことをお勧めいたしました。

その練習のお手伝いをするために、YouTubeで毎日ドイツ語ニュースヘッドラインを辞書なし・下準備なしでライブで読んで解説していくという新企画をスタートしました。


#1 Tagesschau, 07.04.2022



#2 DW, 08.04.2022



#3 ZDF, 09.04.2022


#4 Handelsblatt, 10.04.2022



#5 Frankfurter Allgemeine (FAZ), 11.04.2022


まだ技術的にも内容のフォーマットもお試し段階ですが、見てくださる方々のご意見などを参考にしつつ改善していく予定ですので、コメントやチャンネル登録をしていただければ嬉しいです。


また、「精読する detailliert lesen」スキルを鍛えるための練習としてもニュースを利用することをお勧めしました。

タイトル・見出しを読んで内容を予想し、その後に段落ごとに読んで重要なところに下線を引き、中級以上ではその段落の要旨を自分の言葉でまとめるという手順です。

手間がかかるので週一回くらいでやるのがよいとお勧めしました。


その精読の実演を動画で配信することにしました。毎週末にライブ配信する予定です。


第一回は4月9日のZDFのニュースの1つです。


これによってドイツ語長文の読み方・まとめ方の感覚を掴むと同時に時事問題のキーワードや熟語・慣用句などの語彙も増やしていけることと思います。


なお、動画の要旨を書き起こし、必要に応じてきちんと調べたことを補足した記事がドイツ語オンラインサロン「Steckenpferd」のNachrichtenコーナーに投稿されます。

会員限定のコーナーですので、興味のある方は「Steckenpferd」にご入会ください。

この場合、月額5€の「読むだけプラン」がお勧めです。








サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

また、有料のドイツ語オンラインサロン「Steckenpferd」にご入会いただくと、有料ブログ記事の他、様々なドイツ語学習に有益な記事が読み放題になり、レベル別のドイツ語課題にもチャレンジできます。詳細はこちら

閲覧数:218回0件のコメント

Comentarios


bottom of page