ミヒャエル・エンデ「ネバーエンディングストーリー」を一緒に読もう4

最終更新: 4月16日

前回の続きです。


テキスト

Der Junge gehorchte und schloss leise die Tür. Dann näherte er sich der Bücherwand und guckte vorsichtig um die Ecke. Dort saß in einem hohen Ohrenbackensessel aus abgewetztem Leder ein schwerer untersetzter Mann. Er hatte einen zerknitterten schwarzen Anzug an, der abgetragen und irgendwie staubig aussah. Sein Bauch wurde von einer geblümten Weste zusammengehalten. Der Mann hatte eine Glatze, nur über den Ohren stand je ein Büschel weißer Haare in die Höhe. Das Gesicht war rot und erinnerte an das einer Bulldogge. Auf der knollenförmigen Nase saß eine kleine goldene Brille. Außerdem rauchte der Mann aus einer gebogenen Pfeife, die aus einem Mundwinkel hing, wodurch der ganze Mund schief gezogen war. Auf den Knien hielt er ein Buch, in welchem er offenbar gerade gelesen hatte, denn er hatte beim Zuklappen den dicken Zeigefinger seiner linken Hand zwischen den Seiten gelassen - als Lesezeichen sozusagen.


あまりうまくはない朗読ですが、参考までに上のテキストを読んでみました。

解説

schloss - schließen 閉じる。3人称単数過去。

um die Ecke 角を回って。

saß - sitzen 座っている。3人称単数過去。

in einem hohen Ohrenbackensessel 背の高いウイングバック・アームチェア。Dativ Singular(与格・3格、単数)。

aus abgewetztem Leder すり切れた革の。Dativ Singular(与格・3格、単数)。

ein schwerer untersetzter Mann 重くずんぐりした男。Nomitativ Singular(主格・1格、単数)

zerknittert しわくちゃの。Akkusativ Singular(対格・4格、単数)。

abgetragen 着古した

irgendwie なんとなく、どことなく

staubig 埃っぽい

aussah - aussehen ~のように見える。3人称単数過去。

von einer geblümten Weste 花模様のついたベスト(チョッキ)で

wurde ... zusammengehalten - zusammenhalten ばらばらにならないようにする、まとめる。受動態。3人称単数過去。

eine Glatze はげ

über den Ohren 耳の上に。das Ohr Dativ Plural(与格・3格、複数)。

stand ... in die Höhe - in die Höhe stehen 立ち上がっている、高くそびえる

je それぞれ

ein Büschel weißer Haare 白髪の束

das einer Bulldogge = das Gesicht einer Bulldogge ブルドッグの顔

knollenförmig Knolle だんご・こぶのような形の

aus einer gebogenen Pfeife - gebogen 曲がった、biegen の過去分詞。die Pfeife パイプ Dativ Singular(与格・3格、単数)。

aus einem Mundwinkel - der Mundwinkel 口もと、口のすみ、口角。Dativ Singular(与格・3格、単数)。

hing - hängen 垂れている、かかっている、ぶら下がっている。3人称単数過去。

wodurch 先行文全体を受ける関係代名詞。全文を区切って、「それによって~」と訳すとよい。

schief gezogen 歪んで(斜めに)引っ張って

hielt - halten 持っている。3人称単数過去。

in welchem - ein Buch を指す関係代名詞。Dativ Singular(与格・3格、単数)。

gelesen hatte - lesen 読む。3人称単数過去完了。

beim Zuklappen (本を)閉じたときに

den dicken Zeigefinger - der Zeigefinger 人差し指。Akkusativ Singular(対格・4格、単数)。

seiner linken Hand - die linke Hand 左手。Genitiv Singular(属格・2格、単数)

zwischen den Seiten - die Seite ページ。Dativ Plural(与格・3格、複数)。

hatte gelassen - lassen 置いておく。3人称単数過去完了。

als Lesezeichen - das Lesezeichen しおり。

sozusagen いわば、言うなれば。


試訳

少年は言われたとおりにドアをそっと閉めた。そうしてから本の壁に近づき、そっとその角から向こう側を覗き込んだ。そこにある背の高い、革製だが、擦り切れているウイングバック・アームチェアには、重くずんぐりとした男が座っていた。黒いしわくちゃの、着古して何となく埃っぽくみえるスーツを着ていた。彼のお腹は花柄のチョッキにぴったりと納まっていた。その男ははげており、耳の上のところだけ白髪の束が立ち上がっていた。顔は赤く、ブルドッグを思わせた。だんご鼻には小さな金色のメガネが載っていた。また、その男は口角にパイプをくわえて煙草を吸っていた。そのため、口全体が歪んでいた。膝には本を抱えていた。どうやら今までそれを読んでいたようだ。というのは、言わばしおり代わりのように、左手の太い人差し指を閉じた本のページの間に挟んでいたからだ。


戻る。 次へ





サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

101回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com