errare humanum est 間違うことは人間的である

最終更新: 1月13日

errare humanum est (エラーレ・フマーヌム・エスト、間違うことは人間的である)はラテン語の慣用句ですが、ドイツ語でも引用としてよく使われます。ドイツ語訳は Irren ist menschlich です。


本来は Errare humanum est, sed in errore perseverare diabolicum. (Irren ist menschlich, aber im Irrtum zu verharren ist teuflisch.)と、もう少し長い諺で「間違いをすることは人間的だが、間違いの中に留まることは悪魔的である」、つまり間違いをすることがいけないのではなく、間違いを認めずにそのままでいることが罪であるということですね。


ドイツではギムナジウムでラテン語を習う生徒も多く、大学も文系であればラテン語が必須であることが多いので、ラテン語からの引用というのも教養人の間では珍しくありません。


たとえば Spiegel Onlineの記事にこんなのがありました。

Ist eine Fünf in Latein wirklich so schlimm? Errare humanum est, Irren ist menschlich. So eine kleine Fünf ist die Ein-Mann-Revolution gegen die universitäre Übermacht, der gestreckte Stinkefinger gegen eine tote Sprache.(ラテン語で5という成績は本当にいけないことだろうか。errare humanum est、間違うことは人間的である。些細な5は高等教育の優勢に対する一人革命、死んだ言語に対して中指を立てることなのだ。)

注1:ドイツの成績のつけ方は1が一番良くて、5はじり貧の成績。 注2:「中指を立てる」は "Fuck you"(くたばれ、くそくらえ)などの侮蔑表現に相当する卑猥で強烈な侮辱の仕草。ドイツ語では"Leck mich am Arsch"や "Du kannst mich mal (am Arsch lecken)"などに相当します。

またジョークとして Das Wort "Ehe" ist die Abkürzung für die lateinische Redewendung "Errare Humanum Est"(「婚姻」という言葉はラテン語の慣用句「間違いは人間的である」の略語である)というのもあります。

日常会話ではただ Irren ist menschlich または Fehler machen ist menschlichFehler sind menschlich などとドイツ語で言うことが多いです。「間違いは誰にでもあるよ(だから気にするな)」というニュアンスで使います。



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

82回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com