Impfen, sich impfen lassen, verimpfen - ワクチン接種のドイツ語

最終更新: 7月2日

現在日本でもようやく新型コロナワクチン接種が本格的に進行していることもあり、今回はワクチン接種に関するドイツ語を取り上げます。

特にタイトルに挙げた impfen, sich impfen lassen, verimpfen を正しく使い分けるのはさほど容易ではありませんので、しっかりと違いを抑える必要があります。


impfen 予防接種をする

これは「ワクチンを注射する」ことを意味しますので、主語は通常は医師です。

注射される人が直接目的語となり、予防すべき病気は gegen + Akk. という前置詞句で表します。


例:

Die Hausärzte impfen die Patienten gegen COVID-19.

かかりつけ医は患者に新型コロナのワクチン接種をする。


受動態:

Die Patienten werden (von den Hausärzten) gegen COVID-19 geimpft.

患者は(かかりつけ医に)新型コロナのワクチン接種を受ける。


Ich bin bereits vollständig gegen Corona geimpft worden.

私はすでに2回の新型コロナのワクチン接種を受けました。


sich impfen lassen 予防接種を受ける

少々長たらしい動詞句ですが、「誰かに何かをさせる」使役の意味と、「自分に」という再帰的な意味が含まれています。

誰が予防接種の注射をしたかは重要ではなく、主語となる人物が予防接種の注射を打たれることに焦点が当てられている場合にこの表現を使います。


例:

Ab Mai können sich die älteren Menschen gegen COVID-19 impfen lassen.

5月から高齢者は新型コロナワクチンの接種を受けられます。


verimpfen ワクチンを投与・注射する

この動詞を載せている独和辞典はほとんどないと思いますが、新型コロナワクチンが数種類開発され、どのワクチンを誰に注射するかなどについて議論されることが増え、この文脈で必ず使われるのがこの verimpfen です。

主語が通常医師である点は先の impfen と同じですが、目的語は予防接種を受ける人(Impfling)ではなくワクチン(Impfstoff)です。



例:

Beim Impfstoff BioNTech/Pfizer enthält eine Ampulle offiziell 6 Impfdosen, jedoch verimpfen manche Ärzte die inoffiziell mögliche siebte Dosis.

バイオンテック/ファイザーでは1バイアルに6人