Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW13/2021

今週(2021年第13週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1.in den sauren Apfel beißen


意味: 不快なことを我慢してやる。 字義通りには「酸っぱいリンゴをかじる」


例文: Da musst du wohl in den sauren Apfel beißen.(訳例:そこは我慢しなきゃいけないでしょう)


Ich werde wohl in den sauren Apfel beißen und die Nachtschicht übernehmen.(訳例:やむを得ず夜勤をやる羽目になりそうだ)


解説: この慣用句に対応する日本語の比喩表現は見当たりませんが、とても分かりやすい比喩ですよね。梅干しのように「酸っぱいもの」と相場が決まっているものを好んで食べるならともかく、リンゴを食べるなら甘味のあるジューシーなものが好まれ、進んでわざわざ酸っぱいリンゴを選んで食べる人はいないでしょう。 けれども、状況によっては他に選択肢がないので酸っぱいリンゴを食べることもきっとありますよね。 そういう状況を表す諺に「Not lehrt in saure Äpfel beißen(必要は酸っぱいリンゴをかじることを教える)」というのがあります。 そのように、気は進まなくてもやってできないことではないことをする場合に、in den sauren Apfel beißen が使われます。


2.Der Appetit kommt beim Essen.


意味: 少しでも手に入るともっと欲しくなるものだ(食欲は食べているときにわく)


例文: Mein Bruder hatte nie Lust, Urlaub in den Bergen zu machen. Nun war er mit seiner Freundin da und wollte gar nicht mehr weg. Der Appetit kommt eben wirklich beim Essen.(訳例:私の兄弟は、山で休暇を過ごすなんてずっと論外だと思っていたが、彼女と山に行ったらもう病みつきになってしまった。少しでも手に入るともっと欲しくなる(味をしめる)とはまさにこういうことだ)


解説: この諺は、フランソワ・ラブレー(1494 - 1553)というフランス・ルネサンスを代表する人文主義者、作家、医師の小説「Gargantua et Pantagruel」第1巻に登場する表現「L’appétit vient en mangeant.」のドイツ語訳です。 元々は「 L’appétit vient en mangeant; la soif s’en va en buvant.(Der Appetit kommt beim Essen; der Durst schwindet beim Trinken. 食欲は食べているときに湧き、喉の渇きは飲んでいるときに消える)」でしたが、食欲を表す Appetit が一般的な欲望を表すため、前半部のみが諺として残ったようです。 「Gargantua et Pantagruel」は、日本では『ガルガンチュワ物語』『パンタグリュエル物語』と別々に言うようですね。第1巻とは『ガルガンチュワ物語』(第一之書)のことです。


3.jemanden in den April schicken


意味: ~をエイプリルフールで騙す。 字義通りには「~を4月へ送る」


例文: Wie die Menschen heute in den April geschickt wurden: Blaue Hummeln, Pizza-Bringdienst per Drohne und eine Bergschuhpflicht im Allgäu?(訳例:今日人々がどのようにエイプリルフールで踊らされたのでしょうか。青いクマンバチ、ピザのドローン配達、アルゴイでの登山靴着用義務?)


Nicht nur Freunde und Kollegen schicken sich in den April. Auch Zeitungen, Radiosender und Fernsehstationen flunkern am Tag der Scherze gern. (訳例:エイプリルフールで騙し合うのは友人間や同僚間ばかりではありません。新聞、ラジオ放送局、テレビ局もジョークの日には好んでほらを吹きます)


解説: 最近ではエイプリルフールで何かすることはあまり多くなくなっているようですが、この4月1日のあほらしいとも言える風習には実は想像以上に長い歴史があります。帝政ローマ時代のラテン詩人オウィディウス(紀元前43~紀元後17年)の説明によると、Aprilis(アプリリス、4月)は、動詞 aperire(アペリーレ、開く、始める)に由来し、「春がすべてを開く」ことから、その月がそのように呼ばれるといいます。それは、あらゆる冬の支配を仮装や騙し合いを含むバカ騒ぎで吹き飛ばし、自由な春を迎える春祭りの風習(インドのホーリー祭や、ローマの Quirinalia クイリナリア祭に通じると推測され、その名残が今日のカーニバル(またはファッシング)やエイプリルフールに現れていると考えられます。 もちろん、エイプリルフールの起源に関しては違う説もあるのですが、いずれにせよ、キリスト教以前の風習に端を発したものであることは確かなようです。 日本の「鬼は外」と厄払いする節分祭などとも通じるものがあるのではないでしょうか。騒ぐことで魔除け・厄払いするという共通性が見られます。

現在のエイプリルフールでは、「April, April アプリール、アプリール!」と言って、ある発言がひっかけや嘘であることを示します。 さて、皆さんは今年は誰を「4月送り」にしますか? Nun, wen wollen Sie dieses Jahr in den April schicken?


4.erst die Arbeit, dann das Vergnügen


意味: やることやってから遊べ。 字義通りには「まず労働、それから娯楽」