Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW14/2021

最終更新: 4月5日

今週(2021年第14週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. die Arbeit Arbeit sein lassen

意味: 働かない、怠ける(休む)。 字義通りには「仕事を仕事のままにする」


例文: Komm, lass die Arbeit Arbeit sein!(訳例:さあ、仕事なんてやめよう!)


Hin und wieder Arbeit einfach Arbeit sein lassen(訳例:時には働くのを止めて休養を取る)


解説: ドイツ人は勤勉というステレオタイプがありますが、働きづめ(ワーカホリック)であることを美徳とする風潮はありません。時には「Lass die Arbeit Arbeit sein!」と言って人生を謳歌する、特にガッツリ長期休暇を取ってバカンスを楽しむことが重要視されています。 休むときは休み、働くときは働くことで能率をあげ、結果的に全体的な労働生産性が高くなるということなのではないでしょうか。



2. nach getaner Arbeit ist gut ruhn ( = ruhen).


意味: 「仕事をすませたあとの休息は快い」(小学館 独和大辞典) 字義通りには「仕事をすませた後は、よく休む」


例文: Nun ein schönes Wochenende, denn nach getaner Arbeit ist gut ruhn.(訳例:さあ、楽しい週末だ。だって「仕事をすませたあとの休息は快い」だからね。)


解説: この諺の出所は残念ながら不明なのですが、「nach getahner Arbeit sol man ruhen(仕事をすませた後は休息すべきだ)」という言い回しがすでに1659年に発行された Bucholtz, Andreas Heinrich の『Des Christlichen Teutschen Groß-Fürsten Herkules Und der Böhmischen Königlichen Fräulein Valjska Wunder-Geschichte(キリスト教トイツ大公ヘルクレスとボヘミア王女ヴァリスカの奇跡の物語)』に登場しています。 「仕事の後の休息」という発想自体は月並みですが、「gut ruhn」という言い方はちょっと変わっています。 この部分は、「man kann sich guten Gewissens ausruhen(心置きなく休める)」や「man darf sich zufrieden (und zu Recht) ausruhen(満足して休んでよい(その権利がある)」というドイツ語の解釈があります。小学館の訳「休息は快い」だと、そのニュアンスが今一つ伝わってないような気がしますね。


3. von seiner Hände Arbeit leben

意味: 自分自身が働いて生計をたてる。 字義通りには「自分の手の労働によって生活する」


例文: Mönch ist, wer von seiner Hände Arbeit leben kann - so lautet die alte Regel des Benediktinerordens.(訳例:「修道士とは、自分自身の働きから得られるもので生きる者のことだ」というのが、ベネディクト会の古い規則だ)


In den ersten Monaten fiel es ihm sehr schwer, von seiner Hände Arbeit zu leben.(訳例:最初の数か月は、彼自身が働いて生計を立てるのは難しかった)


解説: この慣用句は【雅語】に分類される言い回しです。seiner Hände Arbeit は現代ドイツ語の通常の語順であれば 「Arbeit seiner Hände」となるところですが、属格が前置される形で定着している慣用句であるため、置換はできません。 意味するところは「手を使った労働」全般です。イメージとしてはどちらかというとキツイ肉体労働ですね。 だから、ベネディクト会のモットー「ora et labora 祈り、そして働け」にぴったり合うわけです。 日本語では「あくせく働いて生計を立てる」「汗水たらして働いて生計を立てる」という感じでしょうか。

労働組合などがこの慣用句を使う場合は、「賃金労働」全般を指します。「Jeder muss von seiner Hände Arbeit leben können(各人が自身の労働によって生計を立てることができなければならない)」という提言がありますが、この場合、「賃金労働で生計を立てられるように十分な賃金が支払われるべきだ」という主張が根底にあります。 でもここでもやはり「肉体労働」のイメージがちょっと付きまとっていると思います。というのは、(単純な)肉体労働は頭脳労働に比べて低賃金ですから、そうした低賃金セクターの労働者でも普通に生計を立てられる(最低)賃金が求められているということでしょうから。高給取りの頭脳労働者はわざわざ労働組合が要求しなくても生計を立てる以上の賃金を得ていますものね。