Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW15/2021

今週(2021年第15週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. sich schwarz (grün und blau) ärgern


意味: 憤慨する、極度に怒る。 字義通りには「黒く(青緑に)怒る」


例文: Man könnte sich schwarz ärgern, wenn man an das viele vergeudete Geld denkt.(訳例:例の無駄になった大金のことを考えると、憤慨することだろう)


Ich ärgere mich grün und blau über die Gedankenlosigkeit der Leute!(訳例:あの人たちの軽率さにはもう腹が立ってしかたないわ!)


解説: この慣用句は極度の怒りを色で表現したものです。黒を使った言い回しの方が古く、黒は死を象徴しています。つまり、「sich zu Tode ärgern 死ぬほど怒る」という意味です。 grün und blau(緑と青)を使うバリエーションは、「sich grün und blau schlagen 激しく殴り合う」という別の慣用句に影響されたものだろうと言われています。この場合の緑と青は、内出血の色を表しています。このため、sich grün und blau ärgern は、「内出血するまで殴りたいほど怒る」というのが、本来のニュアンスだったようにも解釈できます。 日本語だと、「怒りで真っ赤になる」でしょうか?少なくとも黒くなったり青くなったりはしませんよね。



2. arm wie eine Kirchenmaus sein


意味: 極貧である、破産している。 字義通りには「教会のネズミのように貧しい」


例文: Alles, was ich besitze, ist ihm verpfändet; ich bin arm wie eine Kirchenmaus! (訳例:私が所有しているものはすべて彼のところに質入れしてある。私は極貧だ!)


Er sei arm wie eine Kirchenmaus, beteuerte er, sein einziges Einkommen bestehe in etwa 720 Euro netto.(訳例:彼は極貧で、唯一の収入は正味約720ユーロだけだと主張した)


解説: この慣用句は18世紀から使われるようになったそうです。教会には食品貯蔵庫がないため、ネズミが餌を見つけられるチャンスがないことに由来しています。


3. arm dran sein


意味: 気の毒な・不運な・悪い状況である。


例文: Ohne Job ist man arm dran!(訳例:仕事がないというのはヤバい状況だ)


Ohne das Ehrenamt wäre unser Land sehr arm dran.(訳例:名誉職がなかったら、我が国はとても悪い状況だろう)


解説: この慣用句は口語です。arm はここでは「貧しい」という意味ではなく、不運に見舞われるなど同情すべき悪い状況を指しています。dran は daran の口語形です。 本来は「arm an etwas sein あるものに事欠いている、あるものが不足している」という用法しかなかったようですが、「etwas あるもの」が省略され、「全般的にいろいろなものに事欠いている状況」 というニュアンスに発展したようです。


4. jemandes verlängerter Arm sein als jemandes verlängerter Arm dienen/fungieren


意味: ~の手助けをする、~のために働く。 字義通りには「~の延長された腕である、延長された腕として働く」


例文: Politiker sollten nicht nur der verlängerte Arm der Industrie sein.(訳例:政治家は産業界のためだけの執行機関であってはならない)


Der Prozess zeigt, wie sehr Großkonzerne als verlängerter Arm der Politik dienten. (訳例:その裁判は、大企業グループがいかに政治の手助けをしていたかを示している)