Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW22/2021

今週(2021年第22週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. mit dem linken Bein/Fuß zuerst aufgestanden sein

意味: 機嫌が悪い、虫の居所が悪い。 字義通りには「左脚/足を先にして起き上がった」

例文: Was bist du denn heute morgen so kurz angebunden? Bist du mit dem linken Bein zuerst aufgestanden?(訳例:今朝は何でそんなにつっけんどんなの?なんか機嫌が悪いの?)

Bist du mit dem linken Fuß zuerst aufgestanden oder warum schaust du so griesgrämig?(訳例:虫の居所が悪いの?それとも、そんな気難しそうな目つきしてる理由が特にあるの?)

解説: この慣用句は、手でも足でも、左側は不幸・不運で、特にベッドから起き出すときに左足を先にして立ち上がると、よくないことが起こると考えられていた迷信に基づいています。 mit dem falschen Fuß aufstehen(間違った足で起きる)とも言います。 右利きの人の方が圧倒的に多く、利き手・足でないほうを使うといろんなことがうまくできないという単純な現象からなんとなく左側が悪い方、不幸や不運と連想されたのでしょうね。

ちなみに、ドイツ語の「右」recht は、Recht(権利)、aufrecht(まっすぐ)、richtig(正しい)、richten(まっすぐにする;裁く)などと語源が同じで、印欧祖語の語根 *reg'- に遡ります。もちろん英語の right, uprightなども同様です。これは、ラテン語の regô(まっすぐにする、操縦する、支配する)や現代ヨーロッパ語に共通する regent(摂政)、region(地域。本来は「方向」)や direct(まっすぐ、直接)などにも含まれている語根です。語源を見る限り、「右」とはまっすぐであること、正しさ、正当性、支配と連想される「正しい側」で、左はその逆ということになりますね。


聖書では左側が不幸や不運の象徴として表現されている箇所があります。

ギリシャ神話でも左側が不幸の象徴とされていましたが、ギリシャ文化に影響される以前のローマ人の間では右が不幸の側とされていました。ギリシャ文化・キリスト教文化の影響でローマ人の左右の価値観が逆転したわけですね。


仏教やヒンズー教などでは左手が「不浄」とされていますよね。これは昔トイレットペーパーなどがない時代に左手でお尻を拭ったことと関係があるようですが、不浄だから左手を使ったというよりは、利き手の右手では食べるときに食べ物を掴んだりするので、それと同じ手でお尻を拭きたくないという原始的な衛生観のようなものがあったので、別の手、つまり左手で拭くようになり、それが後に宗教的観念と結び付けられて左不浄観というドグマになったということなのではないかと思います。


けれども、古代中国では陰陽思想の「左=陽、右=陰」という配属と、「陽尊・陰卑」という序列化によって左尊思想が生まれ、それが日本に伝わり『古事記』『日本書紀』にはもう陽尊陰卑的な陰陽思想が散見されます。このため、神道では左尊ということのようですね。 こうなってくると、「もうどっちでもよくない?」と匙を投げたくなります。どっちが上ということではなく、左右対等、陰陽対等、男女平等という中道が一番正しいのではないでしょうか。(大分話がそれました)

2. etwas (bei jemandem) in Auftrag geben


意味: ~を [(人など)に] 依頼・発注・注文する


例文: Die Studie hatte die Friedrich-Ebert-Stiftung in Auftrag gegeben.(訳例:その研究は、フリートリヒ・エベルト財団が発注した)


Eine Umfrage, die von der Berliner Zeitung in Auftrag gegeben wurde, ergab, dass 36 Prozent der Befragten einen Klaps als Erziehungsmaßnahme für vertretbar hielten.(訳例:ベルリン新聞の依頼した世論調査の結果では、回答者の36%が平手打ちを教育的措置として受容できると考えていた)


解説: この慣用句なしにはビジネスが成り立たないというほど頻繁に使われる機能動詞構文です。動詞の bestellen, beauftragen よりもずっと好まれて使われますので、(まだ覚えていない方は)ぜひ覚えておきましょう。



3. (zu) dick/stark auftragen


意味: 誇張する、虚飾する。 字義通りには「厚く塗る(塗りすぎる)」


例文: Bei deinem Vorstellungsgespräch solltest du nicht zu dick auftragen.(訳例:面接のときは大げさに自己アピールしない方がいいよ)


Sie war beschwipst und trug ein bisschen stark auf.(訳例:彼女はほろ酔いで、やや話を盛っていた)


解説: この慣用句は本来ペンキなどをたっぷりと塗る様子を表す表現ですが、転じて「やりすぎる」ことの比喩に使われるようになりました。「誇張する」よりも「話を盛る」と覚えた方がドイツ語のイメージに近いと思います(写真参照)。 stark より dick の方が使用頻度が高く、過剰なことを表す「zu」を伴