Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW23/2021

今週(2021年第23週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. da bleibt kein Auge trocken


意味: 1) みんな泣かずにはいられない 2) みんな涙の出るほど笑いころげる 3) 誰も免れない 字義通りには「どの目も乾いたままではいない」


例文: 1) Da blieb kein Auge trocken, als die toten Seeleute an Land gebracht wurden.(訳例:死んだ水夫たちが陸揚げされたとき、みな涙を流さずにはいられなかった)


2) Für die fünfteilige Unterhaltungsserie ... verspricht man: >>Da bleibt kein Auge trocken!<<(訳例:全5回のバラエティー番組シリーズは、「みんな涙の出るほど笑いころげる!」と喧伝されている)


3) Wenn die erst einmal mit der Säuberung der Partei anfangen, da bleibt kein Auge trocken.(訳例:彼らが一度党の粛清を始めたら、それを免れる者は1人もいない(みんな泣きを見る))

解説: これは本来 Johann Daniel Falk (1768-1826) という神学者の詩『Paul. Eine Handzeichnung(パウル。ある素描)』からの引用です。元の詩は「悲しみの涙を流さない者はいない」と言ったニュアンスで使われていますが、笑いすぎても涙は出ますし、痛みでも泣く、または少なくとも泣きたくなることがあるため、2)と3)の意味でも使われます。

2. so weit/soweit das Auge reicht


意味: 見渡す限り。 字義通りには「目が届く限り」


例文: Mohn soweit das Auge reicht. (訳例:見渡す限りのケシの花)