Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW26/2021

先週(2021年第26週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. Augen im Kopf haben


意味: 状況などを把握できる、見通している。(否定形では「不注意である」) 字義通りには「頭の中に目がある」




例文: Ich weiß, was mit den beiden los ist, ich habe doch Augen im Kopf!(訳例:二人に何が起こってるか分かってる、ちゃんと状況把握できてるわよ!)


Pass doch auf, hast du keine Augen im Kopf?(訳例:気をつけろよ、どこに目つけてんだ?)


解説: 「頭の中に目がある」というのは少々奇異な感じのする比喩表現ですが、「脳内」ではなく「頭部に」と解釈すれば、ただ「目がある」と言っているのと同じことになります。 強いて当たり前のことを言うことで、「ちゃんとわかっているんだ、見くびるな」というニュアンスが込められており、否定形では「見えて当たり前のことが見えていない」という侮蔑のニュアンスがやや入っていると言えるでしょう。



2. sich die Augen aus dem Kopf weinen


意味: 大泣きする、泣き続ける。 字義通りには「目が頭部から外れるほど泣く」


例文: Wir verlieren das Finale, und ganz Berlin weint sich die Augen aus dem Kopf.(訳例:我々は決勝戦で負け、ベルリン中が大泣きする)


Sie weinte sich damals die Augen aus dem Kopf, als sie erfuhr, dass ihr Mann in Gefangenschaft gestorben war.(訳例:彼女は夫が捕虜となった先で死亡したという知らせを受けたとき泣き崩れた)


解説: 「目が頭部から外れるほど泣く」とはどういうイメージなのか想像しにくいかと思いますが、あふれる涙のせいで眼球が緩んで、眼孔から涙とともに流れ出るような感じのようです。

sich die Augen ausweinen とも言います。


3. ein Auge auf jemanden/etwas werfen


意味: ~に目をつける、~を気に入る、欲する、よく観察・チェックする。 字義通りには「~に目を投げる」


例文: Auch auf Zyperns Erdgasvorkommen hat Moskau ein Auge geworfen.(訳例:キプロス島の天然ガス埋蔵量にもモスクワ(ロシア政府)は目をつけていた)


Groß, dunkelhaarig und unglaublich gut aussehend. Lisa schwebt im siebten Himmel. Doch leider ist sie nicht die Einzige, die ein Auge auf Pascal geworfen hat.(訳例:背が高く、暗い色の髪、そして信じられないくらいルックスがいい。リザは彼に夢中だ。しかし、残念なことにパスカルに目をつけた女性は彼女だけではなかった)


解説: この慣用句に一番近い日本語の表現は「目をつける」です。 ただし、ドイツ語の方には「よく観察・チェックする」という日本語にはない意味があり、日本語の方にはドイツ語の慣用句にはない悪い方の意味で「狙う」ことを表すという違いがありますので、この重なり合わない部分には注意が必要ですが。