Redewendungen der Woche 今週のドイツ語慣用句 KW29/2021

先週(2021年第29週)にFBのページTwitterまたはNoteでご紹介した「Redewendung des Tages 今日のドイツ語慣用句」をまとめてご紹介します。


1. jemanden / etwas mit neuen / anderen Augen [an]sehen


意味: 新たな/違った目(視点・理解)で見る


例文: Dies ermöglicht Ihnen, die Welt mit neuen Augen zu sehen.(訳例:これによって、あなたは世界を新たな視点から見ることができます)


Und weil sie seit fünf Minuten ihren Mann mit ganz anderen Augen ansieht, fällt ihr auf, dass er die rechte Hand in der Hosentasche hat. - Hans Fallada, "Kleiner Mann – was nun?"(訳例:そして5分前から彼女は夫を全く違う目で見ているため、彼が右手をズボンのポケットに入れていることに気付く。ハンス・ファラダ「小男 ーさあ、どうする?」)


解説: 日本語では「新たな目で見る」「新しい目で見る」とは言いませんが、「違った目で見る」とは言いますよね。ドイツ語の mit anderen Augen [an]sehen はその日本語表現と同じですね。 日本語の「見直す」にも通じるものがありますが、この場合はこれまでネガティブな評価だったものが、ニュートラルまたはポジティブな評価に変わることを意味し(逆は「見損なう」)、上のドイツ語慣用句よりも意味する範囲が狭いことに注意しましょう。

物事はほんの少し視点を変えるだけで全く違って見えて来るものです。固定観念や自己の価値観に囚われずに自分とは違った考え方や価値観の人たちとも理解できるように、常に「mit neuen / anderen Augen [an]sehen」することを心がけたいですね。


2. nicht nur um jemandes schöner/blauer Augen willen; nicht nur wegen jemandes schöner/blauer Augen


意味: 親切・好意からだけではなく。 字義通りには「(人)のきれいな/青い目のためばかりでなく」


例文: Doch nicht nur um deiner blauen Augen willen!(訳例:でも、まったくの好意というわけじゃないよ!)


Wenn du glaubst, dass er das alles nur wegen deiner schönen, blauen Augen tut, dann irrst du dich aber.(訳例:彼がすべて君への好意からやってくれていると思っているなら大間違いだぞ)


解説: この慣用句はそれほど頻繁に使われるものではないのですが、面白い言い回しだと思いましたのでご紹介します。 um ... willen と wegen の2つのバリエーションがありますが、どちらも2格・属格支配です。 「um jemandes schöner/blauer Augen willen(人)のきれいな/青い目のため」がここでは「Gefälligkeit 親切・好意」の意味で使われているのですが、nicht nur という否定句なしで「親切・好意から」という意味になるのかというと、そういうわけではありません。言葉通りの意味のこともあります。


青い目というのは無知や無垢の象徴であるとともに、近世・現代の Schönheitsideal 美の理想像でもあります。このため、「um jemandes schöner/blauer Augen willen(人)のきれいな/青い目のため」というのは、本来、「その人の美の(向上または維持の)ため」ということです。人様の美しさのために何かをするというのは、整形外科医やエスティシャンなど職業的なサービスでもない限り、通常はただの好意ということなんでしょうね。男性が思う女性に服や宝石など美しく着飾るためのものをプレゼントするというイメージがもしかしたら根底にあるのかもしれませんね。

ちなみに古代ギリシャやエーゲ海文明、そしてローマ帝国においては、青い目というのは恐ろしいものの象徴でした。地中海の人たちはその紫外線の強さから、色素の多い褐色~茶色の目が主流で、青い目は北方のゲルマン民族くらいしか持っていませんでしたので、怖がられたようです。 この恐怖が「邪視」の迷信(青い目の人は邪視を持ち、その視線で不幸をもたらす)を生み、それに対抗するためのお守りとしてトルコのナザール・ボンジュウのような青い目のお守りが作られるようになったと考えられます。「青い目には青い目を」という感じでしょうか。


写真:2001年2月にトルコ・アンタルヤのバザー