「キレる、キレやすい、逆ギレ」はドイツ語でなんと言う?

ドイツ語ネイティブとの会話で、「言いたいことが言えない」というフラストレーションを抱えていませんか?こういうときにどう言ったらいいのか、知りたいドイツ語の表現はありますか?

このように私の運営するFacebookのドイツ語グループで質問を投げかけたら、たくさんの反応がありました。そこでの質疑応答をこれから数回に分けて、テーマごとに分けてご紹介します。

今回取り上げるのは、「キレる、キレやすい、逆ギレ」です。

どれも割と最近使われるようになった日本語表現ですので、和独辞典には載っていないか、違う意味のものしか載っていないことでしょう。


キレる

たとえば「キレる」はカタカナで書きますが、漢字で書く「切れる」であれば、「このナイフはよくキレる」や「あの人は頭が切れる」など、全然違う意味になりますよね?

カタカナで書く「カッとなる、怒る」という意味での「キレる」は現代用語辞典に載っているような新しい用法で、私がまだ日本に居た30年以上前にはなかった言葉です。当時は「プッツン切れる」「プッツンする」のような言い方が流行っていたように思います。

元は「堪忍袋の緒が切れる」で、この切れる様を「プッツン」という擬態語で表現するか、何が切れるのかをはしょって表現するかの違いですね。


では、「堪忍袋の緒が切れる」はドイツ語でどういうのでしょうか?

実はかなり絵的に似ている表現がドイツ語にあります。

jemandem reißt der Geduldfaden

Geduld(忍耐)の Faden(糸)が reißen 切れる、という言い方です。

「堪忍袋」のような「袋」ではありませんが、緒や糸は非常に類似していますね。


しかし、これは、我慢に我慢を重ねた末についに耐えられなくなって爆発するイメージですので、「キレる」というのとはちょっと違います。「キレる」の場合は別に「我慢の末」という条件が付いておらず、ただ単に怒りを爆発させる感じですよね?

この場合は、ausrasten という動詞がふさわしいです。はまっていたものが外れるというイメージの口語です。「タガが外れる」と日本語でも言いますよね。


in Wut ausbrechen という動詞も、「怒りを爆発させる」意味で使われます。

explodieren(爆発する)も同様です。

他にも回しすぎておかしくなるというイメージの口語で、durchdrehen という表現があります。これは、「平静さを失う」または「度を失う」ことを意味するため、必ずしも「怒り」ではなく、文脈によってはヒステリックになることやパニック状態になることを意味することもあります。


die Beherrschung verlieren などと言うと品のよい「自制心・平静さ・度を失う」というニュアンスになります。

die Nerven verlieren (神経を失う)も同じ意味です。

ほかには、Er schäumt vor Wut wie die kochende Milch(彼はすぐに怒りで煮立ったミルクのように泡を吹く)という面白い表現もあります。

vor Wut schäumen が「口から泡を吹くほど激怒する」という慣用句です。

日本語にも「口角泡を飛ばす」という表現がありますよね。ただし、日本語の場合は、怒りじゃなくて議論する様子を表していて、また、泡を吹くだけじゃなくて飛ばしてるので、もっと勢いよくがーがー言ってるイメージがあります。


また、怒りの爆発そのものは der Wutausbruch と言います。

der Jähzorn もほぼ同じ意味で、突然の怒りの発作を表しています。


キレやすい

「キレやすい」という性質描写であれば、

Er verliert leicht/schnell die Beherrschung.

Sie rastet leicht/schnell aus.