【ドイツ語レッスン】年末年始の挨拶

日本時間ではもう2021年が明けてしまいましたが、ドイツ時間ではまだ大晦日です。

というわけで、年始のご挨拶だけではなく、年末のご挨拶も含めてご紹介したいと思います。


通常、クリスマス以降年始まで会うことがない相手にはクリスマスと年末の挨拶をまとめてします。クリスマスカードを書く場合も、「Frohe Weihnachten メリークリスマス」と「(einen) guten Rutsch (ins neue Jahr) よいお年を」をセットにして書きます。



クリスマスが過ぎた後は、もちろん「よいお年を」の部分のみを言います。

(einen) guten Rutsch (ins neue Jahr) のカッコ内の語は省略可能です。つまり、一番短い言い方は「Guten Rutsch!」だけです。


この Rutsch は、上の画像でお分かりかと思いますが、一般に「rutschen 滑る」の名詞化だと解釈されています。つまり、「新年に向かってよい滑り込みを」と願っているわけです。

実際の語源は「rutschen 滑る」とは無関係のイディッシュ語 Rosch(頭)だという説がありますが、明らかではありません。

Rutsch の代わりに Übergang(越えること)を使うこともたまにあります。


他には「Komm gut rüber! よい年越しを」という言い方もします。


また、「よいお年を」と同時に新年の挨拶もすることがあります。日本語では「明けましておめでとう」は、「明けまして」という過去分詞があることから、年が明けてからしか言えませんが、ドイツ語では単に新年が喜ばしいものであること(ein frohes neues Jahr)を願うだけなので、年末に言ってもおかしくないのです。


「明けましておめでとう」の定訳となっている ein frohes neues Jahr ですが、ドイツ語では日本語ほど固定された定型の挨拶というわけではなく、実はバリエーションがいくつかあります。

最も一般的なのは、

Ein gutes neues Jahr!(よい一年)

Ein glückliches neues Jahr!(幸せな一年)

の2つですが、今年はコロナ禍の最中ということで、

Ein gesundes neues Jahr!(健康な一年)

という人が多くなるのではないかと思います。

コロナ禍のために「Bleiben Sie gesund!/Bleib gesund! お体ご自愛下さい」が頻繁に使われるようになったのと同様の現象ですね。

Einen gesunden Übergang ins neue Jahr(健康な年越しを)というのも見かけました。


さて、日本語では、親しい間柄では「あけおめ」などと挨拶を短くはしょることがありますよね。実はドイツ語でもこういうはしょりがあります。学生同士、同僚同士など、特に改まって挨拶するほどでもない間柄では、以下のような不定冠詞と Jahr のない省略形を使います。

Frohes Neues!

Gutes Neues!


逆に、改まって挨拶する場面では、neues Jahr の前の形容詞がいくつも重ねられたりします。例:

Ich wünsche Ihnen allen ein gutes, erfolgreiches, und vor allem gesundes neues Jahr!(皆さんにとって新年が、順調でよい一年、とりわけ健康な一年であることを願っています)


基本的にすべての挨拶は、Ich wünsche Ihnen/Dir/Euch(~に願う)が省略された形ですので、改まって正式に挨拶する場合は、この省略された部分が復活します。


他の新年の挨拶バリエーションもあり、ドイツ語の挨拶はずいぶん自由だと感じています。一般的なものでは、

Alles Gute für das neue Jahr!

Alles Gute im neuen Jahr!

というのがあり、どちらも「新しい年にあらゆるよいことがありますように」という意味です。

相手の状況に合わせて Glück(幸運)、Gesundheit(健康)、Erfolg(成功)などを願うこともあります。

Ich wünsche Dir viel Glück, Gesundheit und Erfolg für das neue Jahr!


日本語ではこの後「今年もよろしくお願いします」などと続くことが多いですが、ドイツ語では以上にご紹介した挨拶で十分です。


2020年はコロナのために尋常でない一年となりましたが、2019年末にスタートしたブログとメルマガで不定期とはいえ発信を続け、多くの方に読んでいただけましたことを心より感謝しております。

2020 war wegen Corona ein ungewöhnliches Jahr. Ich bin sehr dankbar dafür, dass meine Blogbeiträge und Newsletters, mit denen ich Ende 2019 angefangen und zwar unregelmäßig, aber kontinuierlich veröffentlicht hatte, so viele Leser inzwischen gefunden haben.


2021年もより一層充実した内容を発信していきたいと思っておりますので、引き続きご愛顧、ご指導、ご鞭撻いただければ幸いです。

皆さまにとっても新しい年が健やかで充実した1年でありますよう願っております。

Auch im neuen Jahr 2021 möchte ich noch inhaltsreichere Beiträge schreiben und freue mich auf Ihre treue Leserschaft, Meinungen und Kritiken.

Ich wünsche Ihnen allen ein gesundes erfülltes neues Jahr!












サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

295回の閲覧0件のコメント

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2021 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com