ミヒャエル・エンデ「ネバーエンディングストーリー」を一緒に読もう7

最終更新: 4月16日

前回の続きです。


テキスト

Er paffte einige Wölkchen. >>Na ja, ist ja auch ganz gleich, wie wir heißen, da wir uns ja doch nicht wiedersehen. Jetzt möchte ich nur noch eins wissen, nämlich wieso du vorhin mit solchem Karacho in meinen Laden eingebrochen bist. Machte ganz den Eindruck, als ob du auf der Flucht gewesen wärst. Stimmt das?<<

Bastian nickte. Sein rundes Gesicht wirkte plötzlich noch etwas blasser als vorher und seine Augen noch etwas größer.

>>Wahrscheinlich hast du eine Ladenkasse ausgeraubt<<, vermutete Herr Koreander, >>oder eine alte Frau niedergeschlagen oder was euereins heutzutage so macht. Ist die Polizei hinter dir her, mein Kind?<<

Bastian schüttelte den Kopf.

>>Heraus mit der Sprache<<, sagte Herr Koreander, >>vor wem bist du weggelaufen?<<

>>Vor den anderen.<<

>>Vor welchen anderen?<<

>>Den Kindern aus meiner Klasse.<<

>>Warum?<<

>>Sie ... sie lassen mich nie in Ruhe.<<

>>Was tun sie denn?<<

>>Sie lauern mir vor der Schule auf.<<

>>Und weiter?<<

>>Dann schreien sie lauter so Sachen. Sie schubsen mich herum und lachen über mich.<<

>>Und das lässt du dir einfach so gefallen?<<

Herr Koreander betrachtete den Jungen eine Weile missbilligend und fragte dann: >>Warum gibst du ihnen nicht einfach eins auf die Nase?<<

Bastian schaute ihn groß an. >>Nein - das mag ich nicht. Und außerdem - ich kann nicht gut boxen.<<

>>Und wie ist es mit Ringen?<<, wollte Herr Koreander wissen. >>Laufen, Schwimmen, Fußball, Turnen? Kannst du überhaupt nichts davon?<<

Der Junge schüttelte den Kopf.

>>Mit anderen Worten<<, sagte Herr Koreander, >>du bist ein Schwächling, wie?<<

Bastian zuckte die Achseln.


あまりうまくはない朗読ですが、参考までに上のテキストをドイツ人のダンナが読んでくれました。

解説

paffte - paffen タバコをぷかぷかふかす。3人称単数過去。

einige Wölkchen < Wolken「雲」の小辞詞。たばこの煙を小さな雲に譬えている。

Na ja まあ(その)のような間投詞。

ja auch その場で確認された事実や聞き手との共通の認識などについての話し手のさまざまな感情を表しす間投詞。

ganz gleich まったくどうでもいい(「(いずれにせよ)まったく同じ」が原意)。

nämlich - 先行する eins を具体化する節を導く副詞。というのは、つまり。

mit solchem Karacho - das Karacho 大急ぎで、全速力で。

eingebrochen bist - einbrechen 飛び込む、侵入する。3人称単数過去。

den Eindruck, als ob ...まるで~であるかのような印象。

auf der Flucht gewesen wärst - auf der Flucht sein 逃走中である。接続法第二式過去。

wirkte - wirken ~の印象を与える。3人称単数過去。

noch etwas blasser - blass 「青白い、青ざめた」の比較級。

hast du ... ausgeraubt - ausrauben 強奪する,身ぐるみはぐ。2人称単数現在完了。

eine Ladenkasse 店の金庫、レジ。

vermutete - vermuten 推測する。3人称単数過去。

niedergeschlagen - niederschlagen 殴り倒す。過去分詞。

was euereins ... was 関係代名詞、euereins 君たちの1人、君たちのようなもの。

Ist die Polizei hinter dir her - hinter jemandem her sein 誰かを追跡中である。

schüttelte den Kopf - den Kopf schütteln 頭(かぶり)・首を振る(否定を表す動作)。

Heraus mit der Sprache はっきり言え(「言葉を出せ」が原意)。

vor wem bist du weggelaufen? - vor jemandem weglaufen 誰かから逃げる。2人称単数現在完了。

lassen mich nie in Ruhe - jemanden in Ruhe lassen そっとしておく、放っておく。3人称複数現在。

lauern mir vor der Schule auf - jemandem (Dativ) auflauern 誰かを待ち伏せする。3人称複数現在。

lauter so Sachen そんなことばかり。

schubsen mich herum - jemanden herumschubsen 誰かを小突き回す。3人称複数現在。

lachen über mich - über jemanden lachen 誰かをあざ笑う。3人称複数現在。

lässt du dir ... gefallen - sich (Dativ) etwas gefallen lassen ~に甘んじる。2人称単数現在。

betrachtete - betrachten 観察する。3人称単数過去。

eine Weile しばらくの間。

missbilligend 同意しかねるように。missbilligen 拒否する、不同意である。現在分詞。

gibst du ihnen ... eins auf die Nase - jemandem eins auf die Nase geben 誰かの鼻を殴る、誰かを殴る。2人称単数現在。

schaute ihn groß an - groß anschauen 目を丸くして(大きく開いて)見つめる。3人称単数過去。

boxen ボクシングする。不定詞。

das Ringen レスリング

das Laufen 走ること、駆けっこ

das Schwimmen 水泳

der Fußball サッカー

das Turnen 体操

überhaupt nichts davon そのうちの何ひとつ~ない

Mit anderen Worten 別の言葉で言えば、言い換えると

der Schwächling 弱虫、意気地なし


試訳

彼はいくつか煙をぷかぷかと吐いた。「まあ、私たちの名前のことなんてどうだっていいんだ。どうせ二度と会わないんだからね。ところで、ひとつだけ知りたいんだが、さっきは一体なんだってそんなに急いでうちの店に飛び込んできたんだい?まるで逃走中であるような印象だったが、そうなのかい?」

バスティアンはうなずいた。彼の丸顔は唐突に先程よりもいささか青ざめ、目はさらに少し見開いたような印象を与えた。

「多分どこかの店のレジでも強奪したんだろう」コリアンダー氏は推測した。「あるいは老婆でも殴り倒したか、それとも昨今君のような子どもがやるような何かだ。警察に追われているのね、君は?」

バスティアンは首を振った。

「はっきり言いたまえ」コリアンダー氏は言った。「誰から逃げてきたんだね?」

「他の人から。」

「どの他の人だね?」

「僕のクラスの子たち。」

「なぜだね?」

「あいつらは、...あいつらは僕を全然ほっといてくれないんだ。」

「それで何をするって言うんだい?」

「僕を学校前で待ち伏せるんだ。」

「それから?」

「それからくだらないことばかり叫ぶんだ。僕を小突き回して嘲笑うんだ。」

「それで、君はそれにただ甘んじているのかね?」

コリアンダー氏は少年をしばらくの間同意しかねるようにじろじろと観察してから聞いた。「なんでそいつらを殴ってしまわないんだい?」

バスティアンは目を丸くして彼を見つめた。「ううん、それはいやなんだよ。それに僕はボクシングうまくないし。」

「じゃあ、レスリングはどうだい?」コリアンダー氏は知りたがった。「駆けっこ、水泳、サッカー、体操は?そのうちのどれ一つとしてできないのかい?」

少年は首を振った。

「つまりだ、」コリアンダー氏は言った、「君は意気地なしというわけだな。」



戻る。 次へ




サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

72回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com