メルケル首相がスーパーで働く人に目を向けられるわけ

先日(2020/03/18)のメルケル首相のTV演説で、スーパーのレジの人や商品棚を補充する人たちにまでお礼を述べる市民目線の細やかな気遣いを見せたことは、おそらく多くの人の胸を打ったのではないでしょうか。


3月22付の独大衆紙 Bild が、前日の午後(17時ころ)に普通のOLかのように一人でベルリンのスーパー「Hit Ullrich」で買い物をするメルケル首相の姿を報じました。

同紙によると、彼女はこのスーパーでよく買い物をするとのことです。店内ではボディーガードもつけずに一人で自由に動き回っているそうです。

彼女が15年という長期にわたり首相を務めているにもかかわらず庶民感覚・市民目線を失わない理由はこういうところにあったのですね!


以下は原文&試訳&解説です。

MERKEL IN BERLINER SUPERMARKT Die Kanzlerin zahlt mit Karte

メルケル首相、ベルリンのスーパーにて 首相はカードで支払い


Sie erlebt die Corona-Krise wie Millionen andere Deutsche: Als Supermarkt-Kundin, die von Regal zu Regal läuft und schaut, ob die Ware, die sie sucht, noch vorhanden ist.

彼女はコロナ危機を何百万ものドイツ人と同様に体験している。スーパーの顧客として、棚から棚へ移動し、求める商品(die Ware, die sie sucht)がまだあるかどうか(ob die Ware ... noch vorhanden ist)見る。


Gegen 17 Uhr kam sie in den Supermarkt „Hit Ullrich“. Erst ging es an die Gemüseregale, dann in die Feinkostabteilung.

17時ごろにスーパー「Hit Ullrich」に入店。まずは野菜売り場へ(an die Gemüseregale)行き、その後でグルメコーナー(in die Feinkostabteilung)へ。

[注: an と in の使い分け。an なのは、野菜の「棚」だから。棚の「中」には入れません。手前で止まって野菜を取りますよね。対してグルメコーナーは複数の棚または有人の売り場が並ぶ区画(Abteilung)なので、その「中」に入る(in)ことが可能です。]


Den Einkaufswagen füllte sie selbst, die Ware (u.a. Schattenmorellen, Seife, Toilettenpapier) legte sie auf das Rollband von Kasse 1 – und zahlte mit Karte.

彼女は商品(スミノミザクラの実、石鹸、トイレットペーパーなど)を自分で買い物かごに入れ、レジ1のコンベヤバンドに乗せ、カードで支払った。

[注: Kasse 1 の後の「–」は余計です。まあ、レジの人が働いている時間を表す「間」と捉えて目をつぶってもいいですが(笑)]



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com