Ist mir wurst 私にはソーセージだよ?

最終更新: 1月13日

(Es) ist mir wurst または (Es) ist mir wurscht は直訳すれば「私にはソーセージだよ」ですが、それではなんのことだか分かりませんよね。😅

そのこころは「どうでもいい」「どっちでもいい」です。


ソーセージというものは、中世より人気のある食べ物ですが、肉の塊をローストしたものに比べて庶民的で粗野なものと見なされています。またどこかで「中に何が入っているかわかったもんじゃない」とも思われていて、それが「ソーセージの中身などどうでもいい」となり、現在の (Es) ist mir wurst(wurscht) という表現になったようです。



もちろん主語を明確にして

X ist mir wurst(wurscht)

ということも可能です。

この他に「どうでもいい」を意味する表現には以下のものがあります。

Ist mir egal

Ist mir gleichgültig

Ist mir Jacke wie Hose(この表現については別稿)


ちなみに上のイラストではドイツの代表的なソーセージを表しています。左から Nürnberger、Frankfurter、Berliner Currywurst、Münchner Weißwurst だと思われますが、地域のあいさつ「tach!」がフランクフルトには合わないような気もするので、2番目のはちょっと自信がありません。


「Ist mir egal」はベルリン交通BVGのテーマソングになってましたね。

お金さえ払ってくれるなら、乗客がどんなでも egal だとのことで(笑)



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

0回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com