Jemandem Honig um den Bart schmieren 髭のまわりにハチミツを塗る

最終更新: 1月13日

お世辞を言う、お世辞を振りまく、おべんちゃらを言う、こびへつらう…

日本語でもいろんな言い方がありますが、ドイツ語でもそれに負けないくらい様々な表現があります。

一番ニュートラルな言い方は

Komplimente machen

ですが、それではつまらないので、絵的に面白い表現

Jemandem Honig ums Maul schmieren(誰かの口のまわりにハチミツを塗る)

をご紹介します。いかにも甘言を言っている感じがしませんか。😄


これのバリエーションとして、

Jemandem Honig um den Bart schmieren(誰かの髭のまわりにハチミツを塗る)

Jemandem Honig um den Mund schmieren(誰かの口のまわりにハチミツを塗る)

があります。

例:

Ein Freund ist ein Mensch, der einem nicht ständig Honig ums Maul schmiert 友人とは、人にお世辞ばかり言わない人のことだ。

Er schmiert niemandem Honig um den Bart 彼は誰にもおべんちゃらを言わない。

この表現に関するオーディオファイルがDWの「Das sagt man so」というシリーズにありますので、興味のある方はお聞きになってください。


同義語には jemandem schmeicheln(ニュートラル)、sich bei jemandem einschmeicheln(ニュートラル)、jemandem(またはjemanden)lobhudeln(否定的)、hofieren(否定的)、sich bei jemandem anbiedern(否定的)、sich bei jemandem anschmeißen(否定的)などの動詞や jemandem ums Maul gehen(口語) という慣用句もあります。 上品な言い方には jemanden bauchpinseln があります。「お腹を筆でなでる」が原義ですけど、それがお世辞を言うという意味になるのは面白いですね。された方はくすぐったくてたまらない、ということでしょうか。 また、非常に侮蔑的・粗野な言い方として jemandem in den Arsch kriechen 誰かのケツの中に這って入る(ように取り入る) があります。Arsch があまりにも下品だと思う場合には jemandem in den Hintern kriechen 誰かのおしりの中に這って入る(ように取り入る) と言い換えることもできます。 こういうことをする人は Arschkriecher と言います。これは Hinternkriecher と言い換えることはできません。😅 かなりパンチの利いた表現ですので、使う時はご注意を。




同様にかなり下品な言い方には sich bei jemandem einschleimen jemandem schleimen というのがあり、これをする人は Schleimer と言います。Schleim(粘液、スライム)から派生した動詞ですので、「気持ち悪いくらいのゴマすり」がコアイメージです。



サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

41回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com