top of page

ドイツ語引用句「Auch was Geschriebnes forderst du, Pedant?(書面も要求するのか?こだわり屋だな)」-Wolfgang von Goethe

更新日:2022年3月22日



「Auch was Geschriebnes forderst du, Pedant?(書面も要求するのか?こだわり屋だな)」は Wolfgang von Goethe ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749~1832)の『Faust I Studierzimmer ファウスト第1部、書斎』からの引用です。

メフィストフェレスが契約の証として数行の言葉を求めたことに対してファウストが言った言葉です。

この後いくつかのやり取りがあり、結局ファウストは求められるまま血で署名をすることになります。


今日では、口約束を信用しようとしない人に対する批判をやや冗談めかして指摘するのにこの言葉を引用することがあります。


いずれにせよ相手にもある程度のゲーテの知識がないと通じないので、使われるのは知識層に限定されます。


原文


Mephistopheles:

Ich werde heute gleich, beim Doktorschmaus, Als Diener meine Pflicht erfüllen. Nur eins! – Um Lebens oder Sterbens willen Bitt ich mir ein paar Zeilen aus.


Faust:

Auch was Geschriebnes forderst du Pedant? Hast du noch keinen Mann, nicht Manneswort gekannt? Ist's nicht genug, daß mein gesprochnes Wort Auf ewig soll mit meinen Tagen schalten? Rast nicht die Welt in allen Strömen fort, Und mich soll ein Versprechen halten? Doch dieser Wahn ist uns ins Herz gelegt, Wer mag sich gern davon befreien? Beglückt, wer Treue rein im Busen trägt, Kein Opfer wird ihn je gereuen! Allein ein Pergament, beschrieben und beprägt, Ist ein Gespenst, vor dem sich alle scheuen. Das Wort erstirbt schon in der Feder, Die Herrschaft führen Wachs und Leder. Was willst du böser Geist von mir? Erz, Marmor, Pergament, Papier? Soll ich mit Griffel, Meißel, Feder schreiben? Ich gebe jede Wahl dir frei.


「Geschriebnes」とあるのはスペルミスではなく、弱強のリズムを維持するために 「Geschriebenes」の後ろから二番目の母音eが落とされています。現代の正書法では 「Geschrieb'nes」と書くところです。


この行のリズムは以下の通りです。


Auch was Geschriebnes forderst du, Pedant?








サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

また、有料のドイツ語オンラインサロン「Steckenpferd」にご入会いただくと、有料ブログ記事の他、様々なドイツ語学習に有益な記事が読み放題になり、レベル別のドイツ語課題にもチャレンジできます。詳細はこちら

閲覧数:104回0件のコメント

Comments


bottom of page