Mahlzeit! はランチタイム?

最終更新: 1月13日

Mahlzeit は言葉通りにはもちろん「食事の時間」です。そして、その言葉通りの意味で使われることもあります。


挨拶として使われる場合は、昼時にごく親しい仲間の間で「昼休憩行きまーす」「はーい、行ってらっしゃい」みたいなニュアンスで Mahlzeit! - Mahlzeit! と言い合います。


北ドイツでは一日中 Hallo の意味で Mahlzeit! が使われることもあります。


もとは修道院で食事前の祈りをささげて、Gesegnete Mahlzeit! (祝福された食事を)と言っていたのが一般に広がったそうですが、普及とともに本来の意味が薄れて【消耗】してしまうのは世の常で、今ではあまりいい印象を与えない挨拶となり下がり、「Mahlzeit」と言い合う風習を駆逐しようとする会社まであるそうです。

では代わりに何を言えばいいのでしょうか。その疑問に対する提案は、食事に行く人には 「Guten Appetit!」、食事に行かない場合は「Schöne Mittagszeit!」だそうです。


一日中 Mahlzeit! と言える北ドイツでは、その時間帯に合った挨拶に代えるといいでしょう。


サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

0回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com