【学問の自由】シュタインマイヤー独大統領ボン大学創立200周年記念式典式辞を原文で読もう(2)

最終更新: 10月30日


第1回は、シュタインマイヤー大統領がボン大学の200周年式典に出席するかどうかについての前置きでした。

今回は、祝辞の部分になります。

【原文】

Sie merken es, lieber Herr Hoch: Sehr gern bin ich heute gekommen, zum großen Festtag Ihrer Universität, um Ihnen persönlich zu sagen: Glückwunsch zu diesem tollen Erfolg, und vor allen Dingen herzlichen Glückwunsch zum 200. Geburtstag!


Früher hieß das vermutlich anders, aber Exzellenz gab es an der Uni Bonn schon vor dem 27. September 2018. Ich denke da natürlich ganz aktuell an Peter Scholze, den diesjährigen Gewinner der Fields-Medaille, und die anderen berühmten Bonner Mathematiker. Aber auch an die Nobelpreisträger Reinhard Selten und Wolfgang Paul, um nur einige Namen aus der jüngeren Vergangenheit zu nennen. Sie alle stehen heute stellvertretend für viele, viele andere, die über die vergangenen 200 Jahre zum herausragenden Ruf Ihrer Universität beigetragen haben.


Das war natürlich von Anfang an so geplant: Die preußische Regierung ließ sich nicht lumpen und hat einiges an geistiger Prominenz aufgefahren, damit diese dritte Universitätsneugründung nach Berlin und Breslau einen Traumstart hinlegen konnte. In die neue Rheinprovinz kam so zum Beispiel der Schlegel-Bruder August Wilhelm, der erste deutsche Indologe, an dem ein ganzes Netzwerk von großen Public Intellectuals hing. Auch Barthold Georg Niebuhr gehörte dazu, damals ein echter Star unter den Geschichtswissenschaftlern, oder die bis heute zwiespältige Figur eines Ernst Moritz Arndt, bekannter Historiker und Freiheitskämpfer auf der einen Seite, völkischer Nationalist, Frankreichhasser und Antisemit auf der anderen. Sie und einige mehr brachten damals viel akademisches Kapital an die neue überkonfessionelle Universität. Und so ist es, wenn ich mich so umsehe, nur folgerichtig, dass wir heute, 200 Jahre später, ebenfalls mit viel Prominenz das runde Jubiläum dieser verbrieft exzellenten Hochschule feiern.


【解説】

Herr Hoch ボン大学学長(Prof. Dr. Dr. h. c. Michael Hoch)

die Fields-Medaille フィールズ賞

Reinhard Selten 1994年、経済学・ゲーム理論研究でノーベル賞受賞

Wolfgang Paul 1989年、ノーベル物理学賞受賞

ließ sich nicht lumpen 大盤振る舞いをした

einiges an geistiger Prominenz aufgefahren 著名な学者を何人も集めた

Schlegel-Bruder August Wilhelm (フリートリヒ・)シュレーゲルの兄、アウグスト=ヴィルヘルム・シュレーゲル

Public Intellectuals インテリ層の巨頭、著名な文化人

verbrieft exzellente Hochschule 文書保証付きの優秀大学。ボン大学が2018年度エクセレンスコンテストの6部門(クラスター)で助成金を勝ち取ったため。

ebenfalls mit viel Prominenz ボン大学関係の参加者が、過去の著名な学者たちと肩を並べる錚々たる顔ぶれであることを指しています。

【翻訳】

ボン大学学長のホッホさん、お気づきのこととは思いますが、私は本日、貴大学の大きな記念日に際して、あなたに直接お祝いを申し上げる機会を得ましたことを大変うれしく思います。このような素晴らしい成功、おめでとうございます。そして何よりも200周年を迎えられましたことに心よりお祝い申し上げます。 昔は言葉は違ったでしょうが、エクセレンスは2018年9月27日以前にもボン大学にありました。思い浮かぶのはもちろん、今年のフィールドメダルの勝者であるペーター・ショルツェさんや、それ以外の有名な盆の数学者たちです。ノーベル賞受賞者のラインハルト・ゼルテン氏やヴォルフガング・パウル氏も比較的最近のボン大学の著名人として挙げられます。皆さんは、過去200年間にわたって貴大学の素晴らしい名声に貢献した多くの先人たちを代表してここにいらっしゃいます。

もちろん大学創立当初からそうなるように計画されていたのです。プロイセン政府は大盤振る舞いをして、数人の著名な学者を集めた結果、ベルリンとブレスラウに続く3つ目の大学創立が夢のようなスタートを切ることができたのです。この新しいライン地区に、たとえばドイツ初のインド学者であるアウグスト=ヴィルヘルム・シュレーゲルが、インテリ層の巨頭のネットワークを引き連れて来たのです。バルトルト=ゲオルク・ニーブールもそのネットワークに属していました。彼は当時歴史学者の間のまさにスターでした。また、今日まで賛否両論があるエルンスト=モーリッツ・アルントは、一方では有名な歴史家で自由の戦士、他方では国粋主義者、反フランス、反ユダヤ主義者でもありました。彼らとその他数名が当時、新しい超宗派的総合大学に多くの学術的資本をもたらしました。こうした歴史を鑑みて、私たちが200年後の今日も同様に錚々たる顔ぶれの皆様とともにこのエクセレンス認定大学の創立記念式典を祝うことは当然の帰結と言えます。







サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

132回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com